唐松模様

  • 唐松模様(新規ウィンドウで開く)

唐松模様

小閑雑感

  • 小閑雑感(新規ウィンドウで開く)

惠味な日々

  • 惠味な日々(新規ウィンドウで開く)

日時計シリーズ

小閑雑感 Part17

  • 小閑雑感 Part 17(新規ウィンドウで開く)

突然の恋

  • 突然の恋(新規ウィンドウで開く)

感謝はすべてを癒す〈CD版〉

  • 感謝はすべてを癒す〈CD版〉(新規ウィンドウで開く)

希望の泉 全10巻〈CD版〉

  • 希望の泉 全10巻〈CD版〉(新規ウィンドウで開く)

放送人生読本〈CD版〉

  • 放送人生読本〈CD版〉(新規ウィンドウで開く)

バックナンバー

2017年5月14日 (日)

2017年5月第2週「善きコトバが善き人生を創る」


ダウンロード

高橋 修二 本部講師

2017年5月の講師は、高橋 修二本部講師 (45 本部講師/理事長室教区運営管理室)です。
幸福の定義とは人により千差万別です。自分に不足している物を求めそれが充たされない間は不幸であると考える方もいらっしゃるでしょう。生長の家では「日時計主義」の生き方をお勧めしています。今周りにある多くの幸せに注目して感謝する生活法です。人生とは私たちが自分で脚本を書き主役を演じる舞台のようなものです。そして脚本に大きな影響を及ぼす物は私たちの普段使う言葉や思念等の「コトバの力」です。高橋講師が自らの良心に心を向け善きコトバを重ねていく人生のためのポイントをお伝えします。

【今週のテキスト】

『うぐいす餅とバナナ』

『うぐいす餅とバナナ』

谷口純子著

★テキストはこちらからご購入いただけます

iTunes Podcast

2013年7月14日 (日)

2013年7月第2週「幸福は感謝の心から」

ダウンロード

髙橋修二 本部講師

【今日の聴きどころ】生長の家では、私たちの人生を劇の舞台に例えてお話することがあります。私たちの人生の舞台は、自分自身が主役であり、同時に脚本を書く作家でもあります。幸福な人生を願うなら、第一に、幸福な劇となる脚本を書かなければなりません。この脚本を書くということは、人生においては、日頃の心の思いや考えということにあたります。また演じるということは、心に思い考えたことを、声に出したり、行動や表情に現わすことにあたります。これら身・口・意の「コトバ」によって、人生は作られてゆくと生長の家では考えるのです。今週は、髙橋講師が「幸福は感謝の心から」というテーマで語ります。

【今週のテキスト】

『うぐいす餅とバナナ』

『うぐいす餅とバナナ』

谷口純子

★テキストはこちらからご購入いただけます


iTunes Podcast

2012年11月11日 (日)

2012年11月第2週「心と言葉の力と運命」

ダウンロード

楠本行孝 本部講師

【今日の聴きどころ】生長の家では、人間は人生の主人公であり、自分の運命は自分の「こころ」で変えることが出来ると考えます。人間の心には「私たちがハッキリと今、心の表面に思い浮かべている心」=現在意識と、「無意識の心」=潜在意識とがあります。私たちが幸福を思い描きながらも、その幸福が実現しないのは、多くの場合、現在意識と潜在意識の足並みが一致しないためです。潜在意識を変えるには、日常で表現するコトバ(身・口・意)を変えることが重要です。今週は、楠本講師が「心と言葉の力と運命」というテーマで語ります。

【今週のテキスト】

『うぐいす餅とバナナ』

『うぐいす餅とバナナ』

谷口純子

★テキストはこちらからご購入いただけます


iTunes Podcast

2012年7月 1日 (日)

2012年7月第1週「感謝の生活」

ダウンロード

メイ利子 本部講師

2012年7月の講師は、メイ利子 本部講師(生長の家本部 国際部北米課課長)です。
【講師プロフィール】福井県出身。「国際的な仕事に就きたい」と、米国に語学留学した後、東京の外国大使館に就職し夢を叶えた。が、1997年、京都議定書が採択されたCOP3に出張中、結婚間もない夫が急逝。「神や仏がいるのなら」と恨んだが、これが教えにふれる縁になった(第1週の放送)。98年から本部の国際部に勤務し、英語の実力を生かして、北米の運動支援に尽力してきた。最近の心境は「教えを生活に生かすことを当たり前にすること」とさらり。近所に出来たスカイツリーには関心は無く、古い町並の散策が趣味だとか。

【今週のテキスト】

『うぐいす餅とバナナ』

『うぐいす餅とバナナ』

谷口純子

★テキストはこちらからご購入いただけます


iTunes Podcast

2011年10月 9日 (日)

2011年10月第2週「コトバの力で人生は変えられる」

ダウンロード

桜井 伸 本部講師

【今日の聴きどころ】私たちの日常生活の中には、嬉しいこと、明るいこと、良いこと、感謝すべきことが必ずあります。それを、努めて積極的に探すことで、心に良いことを観る習慣がつき、その通りの良い人生を実現することができるのです。今週は、桜井講師が「コトバの力で人生は変えられる」というテーマで語ります。

【今週のテキスト】

『うぐいす餅とバナナ』

『うぐいす餅とバナナ』

谷口純子

★テキストはこちらからご購入いただけます


iTunes Podcast

2011年9月11日 (日)

2011年9月第2週「明るい心で人生を築く」

ダウンロード

小池聖明 本部講師

【今日の聴きどころ】私たちの心が、具象化して環境に現れることを、生長の家では「心の法則」と呼んでいます。また生長の家では、私たち一人ひとりが、自らの人生の主人公であると教えられており、幸福な人生を実現しようと思うならば、積極的な明るい言葉で自分の素晴らしさを宣言することが大切なのです。今週は、小池講師が「明るい心で人生を築く」というテーマで語ります。

【今週のテキスト】

『うぐいす餅とバナナ』

『うぐいす餅とバナナ』

谷口純子

★テキストはこちらからご購入いただけます


iTunes Podcast

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

生長の家のラジオ番組

担当講師

  • 2017年5月放送 高橋修二・本部講師
  • 2016年4月放送 小池聖明・本部講師
  • 2016年3月放送 橋本治郎・本部講師
  • 2017年2月放送 小関隆史・本部講師
  • 2016年1月放送 寺川昌志・本部講師
  • 2016年12月放送 土肥満典・本部講師
  • 2016年11月放送 黒岩雅弘・本部講師
  • 2015年10月放送 脇濵芳章・本部講師
  • 2016年9月放送 各務洋行・本部講師
  • 2016年8月放送 阿部秀輝本部講師
  • 2016年7月放送 工藤恭裕・本部講師
  • 2016年6月放送 古田圭司・本部講師

おすすめ

  • 日時計ニュース
  • 生長の家 森の中のオフィスブログ

カテゴリ

ポッドキャスティング