唐松模様

  • 唐松模様(新規ウィンドウで開く)

唐松模様

小閑雑感

  • 小閑雑感(新規ウィンドウで開く)

惠味な日々

  • 惠味な日々(新規ウィンドウで開く)

日時計シリーズ

小閑雑感 Part17

  • 小閑雑感 Part 17(新規ウィンドウで開く)

突然の恋

  • 突然の恋(新規ウィンドウで開く)

感謝はすべてを癒す〈CD版〉

  • 感謝はすべてを癒す〈CD版〉(新規ウィンドウで開く)

希望の泉 全10巻〈CD版〉

  • 希望の泉 全10巻〈CD版〉(新規ウィンドウで開く)

放送人生読本〈CD版〉

  • 放送人生読本〈CD版〉(新規ウィンドウで開く)

バックナンバー

2018年3月17日 (土)

2018年3月第2週「あなたの心が人生を作る」


ダウンロード

大島 達郎 本部講師

2018年3月の講師は、大島達郎講師 (45 本部講師/総務部総務課課長兼同部人事課課長)です。
あなたの人生は実はあなたの思い描いたとおりになっています。夢や理想が叶っていないと仰る方は潜在意識に注目して下さい。全ての人間がすばらしい本質を持っています。それを顕在化するためのポイントが日常の過ごし方の中にあります。大島講師が幸せへの近道を分かりやすく解説します。

【今週のテキスト】

『生長の家ってどんな教え?』

『生長の家ってどんな教え?』

谷口雅宣著

★テキストはこちらからご購入いただけます

iTunes Podcast

2018年3月 4日 (日)

2018年3月第1週「人間のすばらしい本質について」


ダウンロード

大島 達郎 本部講師

2018年3月の講師は、大島達郎講師 (45 本部講師/総務部総務課課長兼同部人事課課長)です。
東京生まれ。同級生との学力差に圧倒され、劣等感を抱いていた大学3年の時、書店で『理想世界』(当時)を見つけ、不完全な現象の裏に完全円満な実相がある事を知り、誌友会などで教えを学ぶうち、劣等感を克服。見真会の手伝いなどを徐々に青年会活動に参加。大学を卒業した平成7年、悩む人々の助けになりたいと本部に奉職。昨年4月、赤坂から“森の中のオフィス”勤務となり、大学で学んだ教育学も生かして業務に励む。八ヶ岳での初の越冬は、足元の凍結にヒヤヒヤしながらも、夜空の美しさに感動する日々だったとか、最近SNIクラフト倶楽部に入部し、「まずは箸置きなどの小物から挑戦したい」と話す。(暁子)

【今週のテキスト】

『生長の家ってどんな教え?』

『生長の家ってどんな教え?』

谷口雅宣著

★テキストはこちらからご購入いただけます

iTunes Podcast

2018年2月 4日 (日)

2018年2月第1週「あなたは人生の主人公」


ダウンロード

メイ 利子 本部講師

2018年2月の講師は、メイ利子講師 (52 本部講師/国際運動部次長)です。
福井県出身。海外に憧れ、アメリカ留学を経て、カナダ大使館に勤務。31歳の時、アメリカ人男性と結婚したが、新婚10カ月で夫と死別。失意のどん底を救ったのは、信徒の母親の勧めで受けた宇治別格本山での個人指導。“生き通しの生命”の教えに感動して入信。以来「喜んで生きていることが夫の喜び」を生活信条に。平成10年に奉職。得意の語学力を生かして活躍し、現職は27年から。90歳の母との八ヶ岳での暮らしは、夏は家庭菜園で野菜を育て、冬は味噌、干し柿づくりや編み物を楽しんでいるとか。「日々の生活に溢れる有り難さに気づけるようになったことが、この地で暮らす喜び」と話す。(暁子)

【今週のテキスト】

『生長の家ってどんな教え?』

『生長の家ってどんな教え?』

谷口雅宣著

★テキストはこちらからご購入いただけます

iTunes Podcast

2017年12月 3日 (日)

2017年12月第1週「人間は何のために生まれてきたか」


ダウンロード

後藤 富善 本部講師

2017年12月の講師は、後藤富善講師 (59 本部講師/北見教区教化部長)です。
熊本県出身。両親の不調和や生活苦により、人生に行き詰まっていた昭和63年。セールスマン当時の営業先だった病院の待合室で「白鳩」誌を手にする。「人間・神の子」の教えに深い感銘を受け、平成元年に総本山
の練成会に参加。同年から青年会員となって活動を始める一方、営業スタイルも“売上重視”から“相手のために”の精神に変えると、営業成績は右肩上がりに。10年に奉職。現職は25年から。趣味は音楽と自転車。夏場はジテツーで北見の自然を満喫し、冬場は音楽鑑賞と、昨年から始めたギターの弾き語りに挑戦している。結婚10周年を迎えた現在でもなお新婚のような夫婦円満の秘訣は「妻に“ハイ”」だとか。(暁子)

【今週のテキスト】

『生長の家ってどんな教え?』

『生長の家ってどんな教え?』

谷口雅宣著

★テキストはこちらからご購入いただけます

iTunes Podcast

2017年11月 5日 (日)

2017年11月第1週「必ず幸福になる秘訣教えます!」


ダウンロード

西村 誠 本部講師

2017年11月の講師は、西村誠講師 (49 本部講師/広報・クロスメディア部デジタルメディア課課長)です。
中学時代、口下手で赤面症になり人間関係に悩み劣等感を抱くように。高校へ進学しても改善せず苦悩していた時、信徒の母の勧めで青少年錬成会に参加。人間は無限の可能性がある素晴らしい存在と実感し、本来の明るさを取り戻す。高校2年から生高連に参加し、大学時代は青年会で熱心に活動。大学を卒業した平成4年に奉職。現職は18年から。昨年、本部講師として初めて海外での講話を経験し、奉職当時の目標だった“本部講師”と“海外での活躍”を実現。春からは月に1回「話し方の学校」でスピーチを学び、講話に磨きをかける日々。家庭菜園は今年で3年目。収穫した茄子やピーマンの夏野菜炒めが格別だったとか。(暁子)

【今週のテキスト】

『生長の家ってどんな教え?』

『生長の家ってどんな教え?』

谷口雅宣著

★テキストはこちらからご購入いただけます

iTunes Podcast

2017年10月 8日 (日)

2017年10月第2週「無限の可能性を引き出す」


ダウンロード

山本 一信 本部講師

2017年10月の講師は、山本一信本部講師 (46 本部講師/和歌山教区教化部長)です。
宇宙の膨張、天体の公転等。人智を超えた法則に心を馳せるとき私たちは神の存在を身近に感じます。生長の家では人間はそのような創造主(つくりぬし)の叡智が宿る神の子だと説いています。日常で体験する失敗や挫折は素晴らしい潜在能力を引き出す過程における研鑽であり学びの時でもあります。山本講師が輝ける人生への鍵である「人間神の子・無限力」の自覚についてお伝えします。

【今週のテキスト】

『生長の家ってどんな教え?』

『生長の家ってどんな教え?』

谷口雅宣著

★テキストはこちらからご購入いただけます

iTunes Podcast

2017年6月11日 (日)

2017年6月第2週「幸福とは何か?-二度の結婚と家庭の葛藤の中で見つけた幸福-」


ダウンロード

井下 昌典 本部講師

2017年6月の講師は、井下昌典本部講師 (58 本部講師/岐阜教区教化部長)です。
世の中には様々な家族の形が存在し、それぞれに唯一無二の尊さがあります。その一方で家族や夫婦の調和に関する悩みはどの家庭でも起こり得る問題です。その中には学びや気づきがあり、それを経る事により家族の絆は一層強まります。井下講師が自身の家庭の紹介を通して「自分が変われば世界が変わる」という幸福になるためのヒントを実直にお伝えします。本日のテーマは「幸福とは何か?-二度の結婚と家庭の葛藤の中で見つけた幸福-」です。

【今週のテキスト】

『生長の家ってどんな教え?』

『生長の家ってどんな教え?』

谷口雅宣著

★テキストはこちらからご購入いただけます

iTunes Podcast

2017年5月 7日 (日)

2017年5月第1週「よろこびの人生とするために」


ダウンロード

高橋 修二 本部講師

2017年5月の講師は、高橋 修二本部講師 (45 本部講師/理事長室教区運営管理室)です。
東京都出身。24歳の時、父が末期がんであることがわかり、地方講師だった母の勧めで練成会に参加。数ヶ月後に父は他界したが、練成会で病を克服した参加者を目の当たりにするなど、教えに興味を持ち長期研修生に。他のために奉仕する喜びを知り人生観が大きく変わり、平成16年に奉職。駐在本部員などを経て、昨年4月から現職に。長らく事務方に従事しているが、社交的な性格から接客業も得意とし、大学では生涯スポーツを専攻。好きなスポーツは中学から大学まで続けたサッカーだが、今は観戦専門だとか。趣味は野菜づくり。山梨では、独学で自然農法に挑戦し、今年はミミズとの共生を図りたいと話す。(暁子)

【今週のテキスト】

『生長の家ってどんな教え?』

『生長の家ってどんな教え?』

谷口雅宣著

★テキストはこちらからご購入いただけます

iTunes Podcast

2017年3月 5日 (日)

2017年3月第1週「正しい人間観を持ちましょう]


ダウンロード

橋本 治郎 本部講師

2017年3月の講師は、橋本 治郎本部講師 (52 本部講師/石川教区教化部長)です。
長崎県出身。信徒の母の勧めで小学5年から生命学園に。誌友会などで教えを学ぶにつれ、他者に尽くす喜びを知る。高校卒業後はプログラマーとして就職するも、多忙を極め光明化運動との両立ができず2年で退職。アルバイトをしながら、信仰と仕事が両立できる職種を探していた20歳の時、活動に偏らず信仰深化を志し、教化部職員に。30歳で本部奉職。現職は平成26年から。4月からは、新潟越南、新潟北越の兼任教化部長に。新天地での抱負は、昨年の教修会で感銘を受けた、自然の神秘さや不思議さに目を見張る感性“センス・オブ・ワンダー”を「知識だけでなく、感じることの素晴らしさを伝えたい」と話す。(暁子)

【今週のテキスト】

『生長の家ってどんな教え?』

『生長の家ってどんな教え?』

谷口雅宣著

★テキストはこちらからご購入いただけます

iTunes Podcast

2017年2月 5日 (日)

2017年2月第1週「老いを感じずハツラツとして生きる-実相を観る生き方-」


ダウンロード

小関 隆史 本部講師

2017年2月の講師は、小関 隆史本部講師 (51 本部講師/広報・クロスメディア部次長兼同部広報課課長兼同部プリントメディア課課長)です。
京都府出身。中学2年の時に、母親の勧めで練成会に参加し「神の子・無限力」の教えに感動。無限力を信じて祈り、勉学に打ち込む。「信仰の基礎になった」という高校生活では、毎朝教化部の早朝神想観に通い、成績は学年3位。生徒会長にも。大学在学中に教区青年会委員長に抜擢され、卒業後は教化部の奉仕に通いつめる。平成4年に青年会部(当時)に奉職。現職である広報、出版畑は約20年のキャリア。現在は、紙媒体とデジタルメディアの両立に奮闘する。芸術面での表現を趣味とし、得意の絵画に加え、最近はギターの弾き語りも。お手並みは、放送第1週目で披露される。(暁子)

【今週のテキスト】

『生長の家ってどんな教え? 』

『生長の家ってどんな教え? 』

谷口雅宣著

★テキストはこちらからご購入いただけます

iTunes Podcast

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

生長の家のラジオ番組

担当講師

  • 2018年5月放送 室井誠司・本部講師
  • 2018年4月放送 水島育子・本部講師
  • 2017年3月放送 大島達郎・本部講師
  • 2018年2月放送 メイ利子・本部講師
  • 2018年1月放送 近藤慎介・本部講師
  • 2017年12月放送 後藤富善・本部講師
  • 2017年11月放送 西村誠・本部講師
  • 2017年10月放送 山本一信・本部講師
  • 2017年9月放送 日向光春・本部講師
  • 2017年8月放送 山口哲弘本部講師
  • 2017年7月放送 及川政治・本部講師
  • 2017年6月放送 井下昌典・本部講師

おすすめ

  • 日時計ニュース
  • 生長の家 森の中のオフィスブログ

カテゴリ

ポッドキャスティング