唐松模様

  • 唐松模様(新規ウィンドウで開く)

唐松模様

小閑雑感

  • 小閑雑感(新規ウィンドウで開く)

惠味な日々

  • 惠味な日々(新規ウィンドウで開く)

日時計シリーズ

小閑雑感 Part17

  • 小閑雑感 Part 17(新規ウィンドウで開く)

突然の恋

  • 突然の恋(新規ウィンドウで開く)

感謝はすべてを癒す〈CD版〉

  • 感謝はすべてを癒す〈CD版〉(新規ウィンドウで開く)

希望の泉 全10巻〈CD版〉

  • 希望の泉 全10巻〈CD版〉(新規ウィンドウで開く)

放送人生読本〈CD版〉

  • 放送人生読本〈CD版〉(新規ウィンドウで開く)

バックナンバー

« 2018年2月第3週「世界に平和をもたらすために」 | メイン | 2018年3月第1週「人間のすばらしい本質について」 »

2018年2月25日 (日)

2018年2月第4週「倫理的に生きること」


ダウンロード

メイ 利子 本部講師

2018年2月の講師は、メイ利子講師 (52 本部講師/国際運動部次長)です。
近年発展途上国における貧困問題とともに先進国における格差による相対的貧困もクローズアップされています。これらの問題の底流には物質的豊かさを至上としてきたこれまでの人類の価値観の偏重があります。今必要とされる考え方や生活法とは?メイ講師が詳しくお伝えします。今回のテーマは「倫理的に生きること」です。

【今週のテキスト】

『宗教はなぜ都会を離れるか?』

『宗教はなぜ都会を離れるか?』

谷口雅宣著

★テキストはこちらからご購入いただけます

iTunes Podcast

コメント

相対的貧困のこと、心が痛みます。絶対的な貧困ももちろん大人たちの責任なのですが・・・・。たくさんの情報の中から、何を子供たちは取っていくのでしょう?世界には食べられない子供たちもいっぱいいるよ!ということ、また、途上国では、他の豊かな国の状況も知ってしまいます。
前々回の放送で、お母様の事を話しておられましたね。私も母の事(2年前に他界しました)が、思い出されました。母は一生懸命に、調子の悪い体でも時々『ありがたいね」という母に、『そんなこと思ってなくって、どうにか、楽になりたいと思っているくせに』と、無茶苦茶を言ってしまっていました。今思うと、大好きだった母がもうすぐいなくなってしまうであろうことをとっても寂しくって、八つ当たりしていたんだと思います。嫌いになったら、別れが寂しくなくなるかも・・・とも感じていたのかもしれません。そんな自分を責めていたことも大きかったのですが、”どんな経験も価値がある。””人が自らの行為を『過ち』と知るは『過たぬ』本来の自己、その内奥から声をあぐるを聴くなり。
母をとっても愛していた自分の愛のバトンをまた渡していけそうです。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

生長の家のラジオ番組

担当講師

  • 2018年12月放送 渡邉重孝・本部講師
  • 2018年11月放送 岡田慎太郎・本部講師
  • 2018年10月放送 松井雅永・本部講師
  • 2018年9月放送 大隈賢治・本部講師
  • 2018年8月放送 源明子本部講師補
  • 2018年7月放送 田中明憲・本部講師
  • 2018年6月放送 吉田尚樹・本部講師
  • 2018年5月放送 室井誠司・本部講師
  • 2018年4月放送 水島育子・本部講師
  • 2017年3月放送 大島達郎・本部講師
  • 2018年2月放送 メイ利子・本部講師
  • 2018年1月放送 近藤慎介・本部講師

おすすめ

  • 日時計ニュース
  • 生長の家 森の中のオフィスブログ

カテゴリ

ポッドキャスティング